大衆心理・・・ | METAS

2017/05/30 18:38


新幹線の喫煙席で隣り合わしたおじさんが「肩身が狭くなったなぁ?」と独り言をつぶやく・・・
吸える場所が規制され、追い詰められて行く重圧に耐えきれなくなったのでしょう。
「同感です」。
「ポイ捨て」など最低限のマナーも守れない人達も居る事は残念ながら事実でした。
しかし最近の煙草に対する大衆意識の変化は「如何なものか?」と・・・
「肺ガンになる」などと希薄な根拠を笠に大衆心理を煽るマスコミと長いものに巻かれる社会、
禁煙権を唱える人々が「隔離と撲滅」を叫び、犯罪者でもないのに人種差別と偏見の蔓延、
タバコは愛煙家にとってアロマテラピーの煙と同質の嗜好と理解してもらいたいのです。
本来もっと身に迫った問題、ゴミ投棄、排気ガス等の自然環境破壊に伴う温暖化など、
もっと子孫の為にも地球環境的観点で考え行動しましょうよ!
それでも矛先は「葉っぱ」の煙ですか?
俺は一生吸い続けますし、百歳まで生きて「健全に余生を全うしたサンプル」になる予定です。